泉・堺の弁護士による従業員支援プログラム 堺オリーブ法律事務所 南海本線 堺駅 徒歩3分

お問い合わせ 072-260-4806 電話受付時間:平日9:00~17:30 メールでのお問い合わせ
従業員を大切にしたい経営者のみなさまへ

経営者のみなさまへ。最近こんなお悩みはありませんか

そんなとき、従業員支援プログラム(EAP)が役に立ちます。

従業員支援プログラム(EAP)とは

当法律事務所は、顧問契約とは別に、従業員支援プログラム(EAP)として、
従業員のみなさま向けに、弁護士による法律相談サービスを実施しております。
このサービスは、ご契約企業様に毎月サービス料金をお支払いいただくことによって、
従業員のみなさまがプライベートの問題について、弁護士による法律相談を無料で受けられる
というものです(同一の案件につき、相談60分まで無料となります)。

従業員のプライベートの問題に対する会社の支援の重要性

働いている従業員のみなさまは、プライベートの生活において、家庭内の夫婦関係の問題、子どもの学校の問題、親の介護や相続の問題、借金の問題、事故や事件に巻き込まれてしまった問題など、様々な悩みや問題を抱えています。

日頃から従業員を大切にしたいと思っている経営者の方も、プライベートのことなので関与しにくいですし、また、本来専門的な対応が必要なケースであるにもかかわらず、社長がいい加減なアドバイスをしてしまうわけにもいきません。

このような場合、従業員は、本来、すぐに弁護士などの専門家に相談するほうがよいケースが多いのですが、一般に、弁護士への相談のハードルが高く、結局、従業員がプライベートの問題を一人で抱え込んでしまい、問題をこじらせてしまうケースが少なくありません。そうすると、メンタルヘルスにも不調をきたしてしまいます。

そこで、会社が従業員をサポートするために、会社の側で従業員が気軽に相談できる弁護士を用意しておき、従業員がプライベートの問題をこじらせてしまう前に気軽に弁護士に相談できるシステムを作っておくのが、「従業員支援プログラム(EAP)」なのです。

EAPについて詳しくはこちら

所長からのご挨拶

所長弁護士 下迫田 浩司

従業員支援プログラム(EAP)の「目的」として、従業員のプライベートの問題を解決して、従業員が仕事に集中できるようにすることによって、「仕事の生産性の向上」や「会社の業績アップ」を図ることが目的である、というようなことがしばしば言われます。


確かに、EAPは、「仕事の生産性の向上」や「会社の業績アップ」に
つながると思います。
しかし、それらがEAPの「目的」であるということには、私は抵抗感があります。 むしろ、「従業員が幸せに生きていくことをサポートすること」それ自体がEAPの目的だと考えたいです。


「従業員が幸せに生きていくことをサポートすること」を目的としてEAPを導入し、 ついでに副産物として「仕事の生産性の向上」や「会社の業績アップ」が生じたらラッキーというぐらいに思えるような、「従業員を大切にすること」自体に喜びを感じる経営者の方が、私は大好きです。


私は、そのような経営者を、心から応援したいと思います。

続きを読む>>

072-260-4806

メールでのお問い合わせはこちら

堺オリーブ法律事務所の特徴

詳しくはこちら

新着情報

072-260-4806

メールでのお問い合わせはこちら

経営者のみなさまへ。最近こんなお悩みはありませんか

そんなとき、従業員支援プログラム(EAP)が役に立ちます。

従業員支援プログラム(EAP)とは

当法律事務所は、顧問契約とは別に、従業員支援プログラム(EAP)として、
従業員のみなさま向けに、弁護士による法律相談サービスを実施しております。
このサービスは、ご契約企業様に毎月サービス料金をお支払いいただくことによって、
従業員のみなさまがプライベートの問題について、弁護士による法律相談を無料で受けられる
というものです(同一の案件につき、相談60分まで無料となります)。

従業員のプライベートの問題に対する会社の支援の重要性

働いている従業員のみなさまは、プライベートの生活において、家庭内の夫婦関係の問題、子どもの学校の問題、親の介護や相続の問題、借金の問題、事故や事件に巻き込まれてしまった問題など、様々な悩みや問題を抱えています。

日頃から従業員を大切にしたいと思っている経営者の方も、プライベートのことなので関与しにくいですし、また、本来専門的な対応が必要なケースであるにもかかわらず、社長がいい加減なアドバイスをしてしまうわけにもいきません。

このような場合、従業員は、本来、すぐに弁護士などの専門家に相談するほうがよいケースが多いのですが、一般に、弁護士への相談のハードルが高く、結局、従業員がプライベートの問題を一人で抱え込んでしまい、問題をこじらせてしまうケースが少なくありません。そうすると、メンタルヘルスにも不調をきたしてしまいます。

そこで、会社が従業員をサポートするために、会社の側で従業員が気軽に相談できる弁護士を用意しておき、従業員がプライベートの問題をこじらせてしまう前に気軽に弁護士に相談できるシステムを作っておくのが、「従業員支援プログラム(EAP)」なのです。

EAPについて詳しくはこちら

所長からのご挨拶

所長弁護士 下迫田 浩司

従業員支援プログラム(EAP)の「目的」として、従業員のプライベートの問題を解決して、従業員が仕事に集中できるようにすることによって、「仕事の生産性の向上」や「会社の業績アップ」を図ることが目的である、というようなことがしばしば言われます。


確かに、EAPは、「仕事の生産性の向上」や「会社の業績アップ」に
つながると思います。
しかし、それらがEAPの「目的」であるということには、私は抵抗感があります。 むしろ、「従業員が幸せに生きていくことをサポートすること」それ自体がEAPの目的だと考えたいです。


「従業員が幸せに生きていくことをサポートすること」を目的としてEAPを導入し、 ついでに副産物として「仕事の生産性の向上」や「会社の業績アップ」が生じたらラッキーというぐらいに思えるような、「従業員を大切にすること」自体に喜びを感じる経営者の方が、私は大好きです。


私は、そのような経営者を、心から応援したいと思います。

続きを読む

堺オリーブ法律事務所の特徴

詳しくはこちら

072-260-4806

メールでのお問い合わせはこちら

新着情報